看護師 副業

夜勤業務が落ち着いているなら日勤より夜勤の方が楽

夜勤専従は、給料が高い事で人気がありますが、当たり外れが多い事でも知られています。
当たりの職場であれば、効率良く稼ぐ事ができて、プライベートを犠牲にする事もなく、魅力のある働き方です。

 

夜勤はキツいというイメージがあります。
もちろん、皆さんが寝ている時間帯に働くのですから、決して楽ではありません。
しかし、職場によっては落ち着いて働く事ができるんです。
最近は、ほとんどの職場が2交代制になっていますので、基本的に、夜勤の時間帯は、
夕方16時から翌朝の9時というのが一般的です。
拘束時間としてはかなり長いですね。

 

職場によって業務内容が異なりますが、オペが多い職場は夜勤の時間帯でもバタバタしています。
オペ後は、バイタル測定など、患者さんの状況を常に観察している必要があり、急変も多い為、
休憩や仮眠が取れないといった職場も少なくありません。
そのような職場は、ストレスや疲れも溜まり、夜勤明けは、一日中寝て過ごすといった状況にもなりかねません。

 

オペが少なくて高齢者が多いような職場は、比較的に落ち着いています。
そのような職場は、日勤に比べると夜勤の方が業務は楽です。
急変や緊急入院などがなければ、消灯後は、病室の巡視がメインですから、精神的にも楽です。

 

業務が落ち着いている職場であれば、夜勤はスタッフも少なくなるので、人間関係も気になりません。
それに、2、3時間の仮眠に加えて、休憩も取る事ができますから、疲れきってしまう事もありません。
いろいろな業務がごちゃごちゃしている日勤に比べれば、落ち着いている夜勤の方がお勧めです。
それでいて、手当がついて高給を貰う事ができますから、検討してみる価値はあると思います。